パチンコ 聖地 東京

パチンコ 聖地 東京

彼の保護をお願いしたい」 こっちに敬礼しながら挨拶してくれた彼にそう言うと、エルフの兵士は俺の後ろで原稿の入ったカバンを持っているフミヤの方をじろりと見た

「分かりました

あとは任せてください」「申し訳ない、同志

あなたも好きかも:オンラインゲーム プロバイダー
…………フミヤ」「ああ…………お別れだね」 哨戒部隊の隊長が耳に装着している小型無線機で指示を出すと、上空を旋回していたスーパーハインドがゆっくりと高度を落とし始めた

あの重装備のヘリでフミヤをオルトバルカまで送るつもりなのだろうか

 ヘリが高度を落としている間に隣へとやってきたフミヤは、俺に右手を差し出してきた

「君たちのおかげで助かったよ」「新刊期待してるからな」「うん」 彼の手を握りながら微笑むと、スーパーハインドがお構いなしに高度を下げ始めたせいで灰色の砂が一気に舞い上がった

あなたも好きかも:パチンコ スロット 最大出玉
やがて真っ黒に塗装されたモリガン・カンパニーのヘリが砂漠の上に降り立ち、兵員室のハッチを開く

 中にはすでに黒服の兵士たちが乗り込んでおり、早く乗れと言わんばかりにこっちに向かって手を振っていた

あなたも好きかも:亜人 スロット フラッド現象 事故
 行け、フミヤ

 頷きながら手を離し、ヘリが舞い上げる砂を浴びながら兵員室の方へと歩き始めたフミヤを見送る

彼は兵員室に乗り込む前にこっちを振り向いてから手を振ると、兵員室へと乗り込んで開いていた座席に腰を下ろし、再びカバンを抱えた

 彼に手を振っているうちにハッチが閉まり、まるで武装を満載した攻撃機の主翼を縮めてメインローターとテイルローターを取り付けたような形状のスーパーハインドが、再び高度を上げ始めた

お構いなしに灰色の砂塵を舞い上げ、メインローターの残響を砂漠の真っ只中にぶちまけながら飛び立ったスーパーハインドは、同型の機体たちの編隊から離れて進路を変え、オルトバルカのある方向へと飛び立っていった

 多分フミヤが撮影してしまったあの写真は、モリガン・カンパニーに接収され、アサシンズ解体のための証拠に使われることだろう

いくら暗殺などの汚れ仕事を請け負っていた傭兵ギルドとはいえ、麻薬カルテルとの取引はアウトである

 普通ならばギルドの解体とメンバー全員の身柄の拘束で済むのだが、よりにもよって取引していたという証拠を手に入れてしまったのは、敵に全く容赦をしないモリガン・カンパニーである

彼らならばメンバーを拘束するのではなく、弾丸を使って粛清してしまう事だろう

 やりすぎかもしれないが、アサシンズの連中を擁護するつもりはない