スロット リング終焉 天井

スロット リング終焉 天井

ただ、ね……」 ファリアは、すっからかんの書棚をぼんやりと眺めながら、苦悩を隠しきれないといった様子でいったものだ

「なにもかも放り出して来てしまった気がして、ね」 セツナは、ファリアがそんな風に考え込んでしまうのは、この書庫に在るべき書物がなにひとつとして収められていないからではないか、と考えた

書棚こそいくつも並べられているうえ、配置や構成も考えられているものの、肝心の本がひとつとして置かれていなかった

書棚は、方舟内部の部材を用いて作り上げられたのだろうが、書物までには手が回らなかっただろう

あるいは、面倒だったのか

マユリ神は強大な力を持つ女神だが、だからといって書物を一から作り出すとなると、難題に違いなかった

本くらいは自分たちで用意しろ、と、考えているのかもしれない

 いずれにせよ、硬質な書棚が並ぶだけの書庫はどうにも寂しげで、空虚な気分になりかねなかった

あなたも好きかも:大分 中津駅 パチンコ
 ファリアは、そんな書棚のひとつを撫でるようにして触りながら、いった

あなたも好きかも:パチンコ 依存 症 克服 方法
「母上やお祖父様は、それでいいと仰るのでしょうけれど、わたしは、中途半端は嫌なのよ

だから……つい、考え込んでしまう

あなたも好きかも:パチンコ 貞子 3d 保留
ごめんなさい

せっかく、こうしてみんなと一緒にいられるのに……そう、配慮してもらえたのにね」 不意にこちらを見た彼女の表情はあまりにも切なく、苦しげで、無性に抱き締めたくなったが、周囲の視線の手前、諦めざるを得なかった

ファリアとふたりきりならば、きっと、そうしていただろう

「それでいいよ」「うん?」「ファリアは真面目過ぎるくらいでちょうどいいのさ」「どういうこと?」 ファリアが、きょとんとする

「ファリアが真面目過ぎるから、不真面目なミリュウやレムと釣り合いが取れるんだ」「あたしが不真面目って、どういうこと!?」「そうでございます! わたくしは懸命に御主人様に尽くしておりますのに!」「うん……ありがとう、セツナ」 ファリアがふたりの反応を気にするでもなく微笑むと、背後から二名の唸り声が聞こえてきた