パチスロ 爆釣

パチスロ 爆釣

「……大島さんと?」「うん! そう!」 強く頷かれたが「それじゃあ」と段取りを組むほど甘くはない

あなたも好きかも:パチンコ 鯖江
「OK、なんて言うと思うか?」「えーっ!? 話すくらいいいじゃん!!」 拗ねて口を尖らせる姿は駄々を捏ねる子どものよう

まったく裏表がない

あなたも好きかも:牙狼 パチンコ 魔界の花
 周りを行き交う生徒たちにジロジロと見られながらも拗ねて上目を向ける彼に、反町は鼻からため息を吐いた

「……話しだけか?」「うんっ」「……電話でも?」「うんっ!」「……オレが一緒でも?」「うんっ!!」 大きく目を開いて何度も強く頷く彼に、反町は再びため息を吐いて肩の力を抜いた

「……わかった

じゃあ……ホームルームが終わったら部室に来い

ただし、ちゃんと昨日の会話を聞かせろよ」「やったー!!」 川北は大きくジャンプすると、笑顔で反町の肩を叩いた

あなたも好きかも:パチンコ 時差オープン
「絶対! 待ってるからー!!」 喜びを露わに走って行く背中を見つめ、反町は「……はあ」と何度目かわからないため息を吐いた

 ……なんでこう“余計な虫”が出てくるんだ

 苛ついてはいたが、仕方がない

話しだけならまだマシだろう

 そう諦めて、思い出したように橋田の教室へ向かうと、ちょうど、登校してきた彼と出会し足を止めた