パチスロ 目押し 疲れる

パチスロ 目押し 疲れる

 幼少の頃から彼女と共に訓練を受け、魔物と戦い、場合によっては観測手(スポッター)を担当し、常に傍らで見守っていたから分かる

 ――――――彼女の狙撃は、百発百中なのだと

 黄金のマズルフラッシュを置き去りにし、ラウラの12.7mm弾が疾駆していく

あなたも好きかも:ル ソレイユ パチンコ
先ほどメタルジェットの穴に弾丸を撃ち抜かれ、悶えるシーヒドラはラウラを睨みつけようと振り向く途中だったのだが、またしてもその巨体が、揺れた

あなたも好きかも:蒼穹のファフナー exodus スロット 解析
『グォォォォォォォォ!?』『こ、この娘ッ………まさかッ!?』『胸元の風穴を………!?』 その通り

 シーヒドラの野太い声を聞きながら、俺はにやりとしていた

 2発目も、同じ穴へと飛び込んだのである

その一撃は筋肉繊維を破壊するようなことはなかったけれど、一足先に飛び込み、重厚な胸骨によって防がれていた1発目の後端を猛烈な運動エネルギーで後押ししたのだ

 運動エネルギーが底を突き、〝死んでいた”12.7mm弾が再び胸骨へと牙を剥く

あなたも好きかも:スロット 黄門ちゃま 喝 天井 期待値
 立て続けにボルトハンドルを引き、大型の薬莢を排出

そしてアイアンサイトを睨みつけてトリガーを引くラウラ

 3発目の弾丸も同じようにシーヒドラの胸の穴へと飛び込み、1発目と2発目の弾丸を更に押し込む

まるで岩盤に杭を突き立て、その杭をハンマーで打ち据えて岩盤を削るかのように

「す、すごい………」 いつも無表情のステラが、十数cmしかない小さな穴を何度も正確に撃ち抜くラウラの狙撃技術を目の当たりにして感嘆する

 ああ、ラウラは凄い

あいつは幼少の頃から遠距離の標的を撃ち抜くセンスを持ち合わせていたんだ

その彼女に狙撃を教え、才能を研磨したのがモリガンで狙撃手として活躍していたリキヤ・ハヤカワ

更にその研磨されたラウラの才能を仕上げ、本格的に開花させたのが幼少の頃から続けていた狩猟と、魔物との戦いなのだから