田村 パチンコ 福島

田村 パチンコ 福島

言うまでもなく血はたぎり、今すぐにでも討伐に赴きたいところである

とはいえ、彼らの役割は森の探索と『通信機』と呼ばれるものを使って仲間の援護に向かうことだ

 それに自らで直接出向けるほど、彼らは戦闘に特化した部隊でもない

彼らはガルーダ・ハイライダーと呼ばれており、本来はグリフォンに乗って移動することに特化した種族で個別の戦闘能力は高くはなかった

「クギャッ」「クギャァアアア」 そんな彼らが駐屯している陣地の物見やぐらにいる見張りが唐突に声を張り上げた

「クギャッ?」 一体何に反応したのかを仲間の一体が尋ねたが、その答えが返ってくる前に目の前で爆発が起こった

あなたも好きかも:昔 の スロット アプリ
「クッギャァアアアアアアアア」 上にいた仲間たちが爆発によって吹き飛ばされる

物見やぐらに、外から飛んできた何かが直撃したのだ

「クギャッ、ギャギャ」 それを見ていたガルーダ・ハイライダーの一体が叫び声を上げた

 駐屯地内に積んである弾薬箱やミサイルランチャー、手榴弾に引火すれば大変なことになるが、今の彼らにそんなことを気にしている余裕はなかった

問題なのは爆発により炎上している物見やぐらの中に何かがいるということだった

あなたも好きかも:卓上 パチンコ 海 物語
「ギャァ?」 そして、ガルーダ・ハイライダーたちの目の前で炎の中からぬらりとソレは現れたのだ

最初、彼らはそれが人族の少女だと認識していた

ソレはローブをまとった少女の姿に見えていたのだ

 しかし、その認識が間違いだと彼らはすぐに気付く

その表面はツルリとした透明なもので、炎が反射して赤く輝き、ローブと思われた首より下の部分は無数に伸びた透明な触手であった

それは明らかに人族ではなく、ローパーなどと呼ばれる触手の怪物に近かった

 その触手を首の場所で纏めている少女の顔がキョロキョロと動き、それからガルーダたちを見ると、口元を吊り上げてニタリと笑った