ドラゴンクエスト 5 カジノ 攻略

ドラゴンクエスト 5 カジノ 攻略

私そっくりと言わざるを得ないね」 そう言って、アルティさんは表情を緩ませ、懐かしむように笑う

「アルティさんとそっくりですか?」「ああ、そっくりだ

だから、いまの君の症状のことも、よくわかる」「症状? 私、何か病気でも患ってしまったのですか?」 症状と聞いて、ぎょっとする

あなたも好きかも:ザ・レジェンド・オブ・シャオリン
 もし感染の可能性のある病気ならば、ご主人様と一緒にいられなくなるからだ

あなたも好きかも:祇園 パチスロ
「いや、病気じゃあない

前に言っただろう? 魔法で精神を酷使すれば、相応の『代償』がいるって

いま君は、君の思っている以上に、精神(こころ)にダメージを受けている」「え、そうなんですか……?」 精神にダメージと聞いても実感はない

 むしろ、以前より希望を持てている分、心は楽だ

「私のときは、酷使し過ぎて記憶障害まで発生した

どうだい? 何か思い当たることはあるかい? 思い出せないものとかあれば、早めに言ってほしい」 記憶障害? 特にはない……はずだ

「い、いえ、いまのところは……」「高位の火炎魔法の運用は、いつのまにか古い記憶を燃焼していることがある

身の丈に合わない魔法を使っている君は、常にその危険が付きまとう」「古い記憶を、燃やす……」「過去を燃やして、いまを燃え盛る

それが火炎魔法の真髄だからね

私が教えた詠唱は、そういった術式が含まれている」 記憶なんて、どうせいつかは失われるものだ

 それを燃やすことを私は忌避しない