スロット アラガミバースト

スロット アラガミバースト

 少しずつ魔力を込め、一定のスピードで安定して駆けることができるようになるより先に神殿に到着してしまった

 レッサーバスが周囲に迷惑をかけないよう、そして、自分達が巻き込まれないように光るタクトのシュタープを構えたまま、少し距離を取って付いてきていた護衛二人がホッとしたようにシュタープと自分の騎獣を消す

「君は魔力が多いからな

騎獣に乗るうえで細かい調節は慣れるまで大変だろうが、慣れるしかない

収穫祭までには自由に扱えるように練習を重ねるように」「……はい」 あまりうまくいかなかったことにわたしが溜息を吐くと、神官長が軽く咳払いした

「コホン! 私の予想より習得が早かった

あなたも好きかも:スロットイベント 篤姫 ペルセウス
数日間は少し読書の時間が取れるだろう」「本当ですか!?」 それからは、騎獣の練習をしたり、図書室の整理をしたり、ロジーナにフェシュピールの練習をさせられたり、夏の成人式と秋の洗礼式のための祈り文句の練習をさせられたりしながら、日々の生活を送っていた

あなたも好きかも:伏見駅 パチンコ
 時折、オルドナンツが飛んできて、演奏会の打ち合わせという名の昼食会が開かれる

 演奏会の総責任者であるお母様、演奏会の警備責任者としてエックハルト兄様、そして、わたしの護衛だから、と言い切るコルネリウス兄様が昼食時に出入りするのだ

あなたも好きかも:パチンコ 真北斗無双 セット 打法
 お父様は城で領主と一緒に食事を取っているので、フーゴの料理を食べているらしいが、騎士寮の食事は別の料理人が作るそうだ

 ランプレヒト兄様もお休みの日になれば神殿へやってきて、昼食とお菓子を食べるようになってきた

 料理長の料理研修が早く終わってくれないと、わたしの側仕えの気が休まらない

貴族を相手に緊張しているニコラを見ていると、ちょっと可哀想だ

 神官長のコンサートまであと五日となった日の夕方、図書室で目録を作りながら資料整理をしていると、ギルが顔を輝かせて図書室に飛び込んできた