アズタル・フォーチュンズ

アズタル・フォーチュンズ

何かを理解して、康太がいるこの先に行かせないようにしているように見える

あなたも好きかも:スロット アステカシリーズ
それを理解するよりも早く離脱するなど、二人にはできなかった

「トゥトゥさん、仕方ないんですね?」「・・・あぁそうだ

あなたも好きかも:スロット バジリスク絆2 ウーハー
仕方がないことだ

お前はここを通りたい

俺はここを通すわけにはいかない

それだけだ

シンプルだろ?」確かに単純だ

だがその背景が、その理由が単純ではないのだ

単純ではないからこそ、神加は、詩織はここを通らなければいけないと感じた

今この目の前の精霊術師は、神加たちが子供だからこそ守ろうとしているように思える

余計な面倒ごとから遠ざけようとしているように思える

あなたも好きかも:バンダイ パチンコ lsi
だがだからこそそんなことを許容できなかった

「じゃあ・・・仕方ないですね・・・!」襲い掛かる水を、神加は大量の炎で焼き尽くしていく

蒸発し、気化していくのを、同時に発動した風の魔術によって遠くにまき散らしながらさらに火力を上げていく

「押し通らせてもらいます!怪我しても恨まないでくださいよ!」「上等だ

かかってこい、二人とも」トゥトゥはさらに大量の水を、神加は大量の炎を顕現して互いを止めようとする