カジノ 椅子

カジノ 椅子

「ぇ、え、あれ……?」 いま何か聞えたような……

 とても大切な声が、いま―― いつの間にか、あんなにも重かった瞼が軽くなっていた

 そのおかげで、なんとか外界の白い王都を視界に入れることが出来た

「…………っ!」 目を見開いた先で、記憶にない一人の男の背中があった

 衣服が襤褸切れとなっている

 袖口から除く手足が青痣と擦り傷にまみれている

 激戦を乗り越えたであろう大きな背中が見える

 その首筋から枝と葉が伸びていることから、樹人(ドリアード)であるとわかった

さらに、その枝と葉に白い長髪がかかっていることから、この背中が自分の求めていたものであることに気づく

あなたも好きかも:西成 スロット おすすめ
 アイド――? 弟のアイドが、童の前に立っていると気づき、放心しかけた

 一瞬、幻覚かと思ったが、目の前にいる『理を盗むもの』に相応しき魔力は間違えようがない

あなたも好きかも:スロット リーチ目 拾った
 アイドがいる

あなたも好きかも:面白い パチンコ 台
 あの城から抜け出てきて、身一つで童の前に立っている

 それはつまり―― 童は期待してもいいのだろうか? 千年後のいま、国の『宰相』という立場に囚われていた弟が、帰ってきたのだと――やっと、童たち姉弟は再会できたのだと――顔を合わせて喜んでもいいのだと――期待していいのだろうか? その童(わらわ)よりも大きくなった背中を見て、童は迷った

 少し怖かったのだ