nifty 障害 2ch

nifty 障害 2ch

「何だかんだ言っても、真哉じゃ私に勝てないってことよ

魔術乱舞で軽くぶっ飛ばしてあげたわ」笑顔を浮かべながら楽しそうに話す翔子だけど、沙織は呆れ顔でため息を吐いていた

「ねえ、翔子?試合内容はともかく

あなたも好きかも:大ヤマト パチンコ 実機
結局、最後に倒れたら圧勝とは言えないんじゃないかしら?『結果』だけを見れ引き分けと判断されても仕方がないのよ?」「え~っ!?」沙織の指摘が不満だったのかな?翔子は真哉を睨んでいた

「ちゃんと勝ったのに~」うーん

どうなのかな?何があったのかは知らないけれど

沙織の指摘が正しいとすれば、翔子が言うほど簡単な試合ではなかったようだ

だから僕は事情を知ってる様子の沙織に問い掛けてみることにした

「沙織は知ってるのかい?」「ええ、一番近くで見ていたわ」一番近く?…と言うことは

沙織が審判をしていたのかな?「思い出せる範囲で教えてほしいんだけど、聞かせてくれないかな?」「ええ、いいわよ」僕の願いを聞き入れて、沙織は詳細を説明してくれた

まずは食堂でのいきさつから始まり

悠理と深海さんと合流したこと

そして検定会場に移動して試合が行われた