ガールズアンドパンツァー スロット ゾーン

ガールズアンドパンツァー スロット ゾーン

 サトミもさすがに思案の表情を浮かべ、少しして猫の隣に文章を走らせた

「今までありがとう」と

あなたも好きかも:パチスロ ライター ういち
 私の文章と同じだが、同じで困る事は何も無い

 むしろそれは嬉しい事と言えるくらいだ

「へへへ」「おかしくはないでしょう」「へへ」「もういいわよ」 とうとうサトミもくすりと笑い、私の手を軽く握ってくれる

 私も彼女の手を握り返し、黒板を二人で見つめる

あなたも好きかも:パチンコ店 見沼区
 卒業を祝い、喜ぶ声で埋め尽くされた黒板を

 黒板を見ながら二人で楽しんでいると、モトちゃんが登校してきた

「猫?」 もういいんだって、それは

 という訳で彼女にもペンを渡し、何かを書いてもらう

「意外と難しいわね、これは」 そういう割には、いきなり書き出すモトちゃん

 「今までありがとう」と

あなたも好きかも:スロット 遊べる機種
「やっぱり、二人と同じ事を書かないとね」「もしユウが変な事を書いてたらどうしたの」「それでも書けばいいじゃない」 度量の大きいところを見せてくれるモトちゃん

 サトミは何かを言いかけ、ただそれも無粋と思ったのか苦笑して胸元の花に手を添えた

「取りあえず、全員これが付いてて安心したわ」「それは私の台詞よ」 そう言って笑い合うサトミとモトちゃん

 何しろ私とサトミは、一度退学になった身