スタックス・オブ・ジャックス

スタックス・オブ・ジャックス

 仕事で「説明」の文章を書き慣れている人だからといって、「小説」の文章を巧みに書けるとは限りません

 求められる構文がそもそも異なるからです

よい小説はあえて先がわからないように書いてある このように「よい説明」は冒頭で「これは○○について書いている文章ですよ」と前フリしてあります

あなたも好きかも:007 カジノ ロワイヤル 動画 吹き替え
 先に伝えたいことを書いてあるから、不安なく読み進められて「説明」を素直に受けられさせることができるのです

 しかし「よい小説」は「よい説明」のように冒頭で前フリをしてはなりません

 前フリをした途端、それ以降の文章を読む必要がなくなるからです

 小説は読み手にワクワク・ハラハラ・ドキドキを感じさせるために存在します

「結果」を前フリをしてしまうと、先がわかってしまうのでワクワク・ハラハラ・ドキドキなんてしません

あなたも好きかも:パチスロ 遠隔とは
 だから目的・目標の結果を書くことなく文章を重ねる必要があります

 たとえば、―――――――― 俺は世界を混沌に陥れた魔王を愛用の長剣で貫いて倒した

 これで平和な世の中に戻るだろう

あなたも好きかも:大阪 パチンコ マップ
―――――――― と書かれた後に田舎町で魔王退治の旅に出るシーンから書き始めたとします

 読み手であるあなたは、この小説を最後まで読みますか

 おそらく読まないでしょう