カジノ とい えば

カジノ とい えば

 短かったら地の文を増やせばよい

あなたも好きかも:広島 パチンコ バイト
 長かったら登場人物の数かテーマか場面(シーン)を減らせばよい

 ですがこの調整は、ある程度書き慣れていないと要領よくこなせません

あなたも好きかも:メタル ギア ソリッド パチスロ
 まずはあなたがひとシーンを何十枚、何千字で書けるかを知ることです

 そうすれば「あらすじ」の段階で「エピソード」を増減させたり、「箱書き」の段階で「シーン」を増減させたりして、執筆を開始するより前から三百枚、十万字に収まるように調整することもできます

 だから、初めのうちは「分量を気にせず書いてみる」ことに集中してください

 それで短編小説よりも短いのならショートショートにすればよい

 長編小説よりも長いのなら超長編小説や連載小説にすればよい

 そんな軽い気持ちで小説を書き始めてみませんか

読まれることを想定して書く 不思議なもので、「小説を書く」ときに「誰かに読まれる」ことを想定していないまま執筆する書き手が結構いらっしゃります

 小説投稿サイトに掲載されている作品の中にも、「誰かに読まれる」ことを想定していないのではないかと思われるものが見受けられるのです

『pixiv小説』で主流の「二次創作」については自分のために書いても、読み手がつきます