ニューシオサイ スロット

ニューシオサイ スロット

康太の中には嫌な予感が残っていた

そしてそのいやな予感が外れてほしいと願いながらも、もう一つ聞きたいことがあった

「今のところ門って管理されてる協会にしかありませんよね?新しい場所に門を作るってことは不可能なんですか?」「いや十分可能だ

用地の問題とかそこを管理する人材の関係とかいろいろあるけど、基本的に大地の力の行き届くところならどこでも門は作れる

ただその門を作るのも我々のような魔術師が時間をかけて行うことになるがな」魔術師の回答に、康太は愕然としながらうなだれてしまう

あなたも好きかも:ベルガラック カジノ いつから
そしてこのままではまずいことになるかもしれないと目の前の魔術師に食って掛かるように頼み込んだ

あなたも好きかも:パチスロ 新機種情報
「お願いです、今すぐに門を使わせてください

さっき俺が出てきた教会に行きたいんです!」「ま、待て待て、君の門の使用は今日はもう終わっているんじゃないのか?あとは家に帰るいつもの教会までだろう?」「事情が変わったんです!お願いします!」事情が変わった

それはもう劇的に

急がなければこの事件は一生解決できなくなるかもしれない、それほどに鬼気迫っているのだ

康太の剣幕に押されたのか、それとも康太と比較的友好的な関係を築いていたからか、門の管理をしている魔術師は小さくため息をついて仕方ないなとつぶやく

本当はいけないんだからなと付け足しながら門を開いてくれると、康太は礼を言いながらすぐにその門をくぐった

康太がたどり着いたのは先ほどまで自分たちがいた教会だった

いやな予感はいまだ収まってくれない

いや、もはや予感というレベルのものではなくなっている

外れていてくれればいい