バカラ イカサマ

バカラ イカサマ

チェシャ

私の頑張りが無駄になっちゃうじゃないですか

』 慌ててラヴァの方へと跳ぼうとすると、目の前に水晶玉が現れたわ

...って、フェニ、それはどういう事かしら!?「にゃぁ!?」『ふふふ

あなたも好きかも:ブラックジャック ff6
実はですね?あのときの宝物、本当は虹色ではなくて金色だったんですよ

私が介入することでレア度を一段階あげちゃったんですよね

』 てへぺろっと実に可愛らしい顔でそう言ったフェニに毒気をぬかれたわ

むぅ...怒るに怒れないじゃない

あなたも好きかも:3 月 スロット 新台
こんなの

...可愛すぎるもの...! そうして葛藤していると、急に空が割れて何やら白いモコモコとした物体が降ってきたわ

あら?何かしら?「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!ラビだよっ!」 それは乱闘の起きている中心へと着地すると、姿をうさぎへと変え、マイクを持って話し始めたわ

あなたも好きかも:パチンコ 景品 交換しない
ラビがどうしてこんなところに来たのかしら?...というか、誰も読んでいないと思うわよ?「はい!ちゅーもーくっ!あと30分でイベントは終了するよ! ということで、運営からとびっきりの大ボスを出すことにしたんだ

」 その言葉にラビへと注目が集まったわ

何が起こるのかと固唾を飲んで見守る中、ラビはこう言ったわ

「ふっふっふ...丁度いいからね!今回の大ボスは...そこで戦っている邪龍!」『我であるか!?いや、我は...』「さぁ!ということで、あの頃の邪龍ともう一度戦える滅多にないチャンスだよ!邪龍討伐クエストはもう終わっちゃってるからね!この機会を逃すなー!」「「ワァァァァァァッ!」」 あ

ラヴァったらラスボスに選ばれちゃったわ

 それにしても、意外にみんな乗り気ね

まあ、あのときは私とレン、天宮さんぐらいしか直接戦っていなかったわけだし、確かに戦いたくもなるかもしれないわ

でも、今のラヴァのサイズでそんな大人数とやり合えるのかしら?『話を聞けーって...むぅ!?』「邪龍には一時的に権限をプレゼント!ただし、このイベントが終われば回収するからね