辰巳先生 ブラックジャック

辰巳先生 ブラックジャック

煙草の吸殻さえなかったならグランドールは精々、"煙草をネェツアークにちょろまかされている"ぐらいのにしか考えなかった事だろう

敢えてネェツアークが解るように"煙草の吸い殻"をこの浴室の脱衣場に残したままなのは、"話を邪魔するタイミングを見計らっている程、アルセンには聞かせたくない話"という事を、長年の付き合いのあるグランドールにだけ伝わるようにしていた

「回りくどいが、言葉に残したらやっかいな事ではあるからな」3人でいる時にもしも"仮面の領主"の話題になったのなら、会話のニュアンスで、アルセンは恐らく"何か"に気がつくし、余計な心配を始める事はグランドールにも予測が出来た

あなたも好きかも:tカード スロット
(多分、あの仮面の領主殿が"弔う"のはエリファス、なんだな)"弔う"はこの世界にいない、"死んだ人"に対して使う言葉

そしてグランドールは初めてエリファスと出逢った時の事を、また思い出す

あなたも好きかも:スロット one bar
どうしてだか、初めて出逢った時から、この世界にはいないはず、死んだはずの妹をエリファスに重ねて見ていた

姿は、似ても似つかない

似ているのは、明るくて、ズケズケいう性格

気が強くて、優しい人を放っておけない所

妹の癖に、姉御肌

―――何より、本当は"ここには居ないハズの存在"、という"在り方"が似ていた

(ワシは、初めから気がついていたんだな

気がついていたが、認めて受け入れたくはなかった)本当なら、居ないハズ

あなたも好きかも:アマテラス パチンコ 2ch
けれども、"居てはいけない存在"でもないのだから

生きてる人の身勝手な都合で"消された"存在だったから