パチンコ 好調 不調

パチンコ 好調 不調

そのぶんの会話はできるだろ

リンドウ」「うん、なんだろう」「オレがベルだ」「――」 一瞬にして、疑問が氷解し、そして一気に謎が押し寄せる

それを表情には出さず、リンドウは一つ頷いた

「こうしてお目にかかれたことは、それこそ運が良かったと、そう思うべきなんだろうね」「運が悪かった、の間違いじゃろ……」「あ、メイ、戻る前にこれ」 今朝に記録しておいた戦闘状況を、術式の構成そのままに渡せば、ざっと見たメイは記憶してから、頷く

「うむ、見ておいてやる」「うん」「へえ――半自動的な戦闘プログラムか

いつだって最大の難点は、多様化する状況そのものへの取捨選択ってか

あなたも好きかも:パチンコ 千歳 イベント
そいつはプログラムだろうが人間だろうが変わりはしねーな

朝にやってた運動のやつか……」「一瞥だけで、よくわかるね」「知らなかったなら教えてやる

オレは魔術師で、五神の一人

あなたも好きかも:sherra パチンコ 求人
その上、順位付けをするのなら、ベルってのは頂点に立ってなきゃいけねーんだよ

それが誤魔化しであってもな」 まったく面倒な話だと、彼女は笑った

あなたも好きかも:カジノ 法案 通過
「あなたがここにいる、いや、来たことに、僕は直接的な関係があるのかな」「いや、ねーよ

もちろんメイにもな」「つまり、あなたの行動における〝条件付け〟には含まれない――それを悔しがるべきか、安堵するべきか、迷うところだ」「どっちも似たようなもんだ

つーか、イザミと違ってお前は、臆病だな」「……そうだね

怖がり、とも言えるけど」「リウラクタに関しては調べてねーのか?」「無視できる事柄だとは思ってないけれど、意識はしていないよ」「何故だ?」「僕はきっとメイが知っている以上のことは探れないし、メイが知らないことは母さんが察してる

だからといって、姉さんのようにその生き方に憧れはしなかった

たぶん、理由はこんなところだと思う」 だから、メイはリンドウの傍にいて、イザミの傍にはいないのだ

「思ったよりちゃんと考えてるじゃねーか」「そうかな」「考えることは放棄してねーが、もっと直感で動くタイプだと思ってたけどな」「ああ……それは、当たってる」 既に影の中に逃げてしまったメイを見るよう、足元に一瞥を投げた