じゅうおう パチスロ

じゅうおう パチスロ

ニケも孤独だったが、あいつは愛情の在り方を知ってはいた

ヴェンツェルは器用貧乏なところがあったからな

あんたと出会えなけりゃ、愛情の温度を知らずに育ったかもしれない」「だが、君やニケとの友情があっただろう?」「俺は高尚に詩的な感性がないから上手く説明出来ないが、……友情と愛情は似ていても重なり合わない部分がある

あなたも好きかも:パチンコ 止め打ち 注意
あんたがヴェンツェルに与えたものは、俺達では補ってやれないような、人間の子供の心にとって一番大事なものだったんだと思う

あいつが初めて食べた温かい料理は、あんたの作ったスープだったんだろ?」「……………ああ

小さな子供が、温かい料理を食べた事がないと言うんだ

あの夜のことを、………俺は死ぬまで忘れないだろう」「俺やニケでは、友達だからこそ、大事に守ってやろうという思いのかけ方は思いつかない

………俺の大事な友に、その夜に温かいスープを飲ませてくれて礼を言う

あなたも好きかも:八 柱 パチンコ
もし偶然にでも会う事が出来たなら、友を愛してくれたあんたに礼が言いたいとずっと思ってきたんだ

まさか、こんな形で叶うとはな………」一度立ち止まり、深々と頭を下げた

アフタン達と別れて自国に戻ったヴェンツェルには、とても不愉快で辛い事件があったことをアフタンは知っている

あなたも好きかも:岐阜 スロット 爆
友を得るということを知ったヴェンツェルが、少しでも絆を深めようと言葉を交わすようになったばかりの弟の母親を、自分の母親が奴隷の妖精に命じて殺させようとしていたのだ

ヴェンツェルは母親がそんなことなどしなくてもいいようにと、自分の継承者としての立場を磐石にするべく契約の竜を得たが、弟の母親の暗殺に間に合うことは出来なかった

けれども代わりにその日、心がひび割れたヴェンツェルを抱き締めて守ってくれた竜を得ることは出来た

この竜が母親を亡くした弟にお悔やみの言葉をかける場を整えてくれたことも、アフタンは知っている

(さすがに内容が内容なだけに、俺達だけで作った暗号で書かれた手紙だった

それでも、そんな危険を冒してまで打ち明けたかったくらいに、ヴェンツェルを打ちのめした事件だったんだ………)それは、この豊かな大国の暗い秘密の一つ

だからアフタンは、友がそこまでのことを話したとはこの竜にも言いはしない