insurance ブラックジャック

insurance ブラックジャック

こくりと頷いたネアに、少し困ったようにしてから淡く淡く微笑む

すると、ネア的にはゼノーシュとダナエを足して二で割ったような感じの雰囲気になるので、是非に下りてきて貰って頭をなでなでしたい心持ちだ

「覚えていて下さったのですね

そして、ええ、そこにあるボールは、この狐さんの大事なボールなのです

取って欲しいとせがまれていまして、棒でつついたのですがしっかりはまってしまっているようです」「落としてあげるよ

君には、美味しい砂糖菓子を貰ったから」「有難うございます!」相手は、謎かけというそこそこに厄介な試練を与える雨降らしなのだが、銀狐は警戒する様子もなく、尻尾をふりふりして喜んでいる

あなたも好きかも:パチンコ 宮城 優良店
ボールの優先度の方が高いらしく、ボールを取ってくれるだけでもう善人指定されたようだ

そしてその雨降らしは、ひょいと指先を伸ばしてボールを取り上げると、ぽーんとネアの方に投げてくれた

あなたも好きかも:塚口 パチンコ バイト
繊細な細い指の爪は綺麗な紫紺色で、掠れたような色付けが何だかお洒落な感じである

綺麗な指の動きに見惚れてから、ネアは手を離してしゅたっと地面に下り立った銀狐の代わりに、落として貰ったボールを受け取った

あなたも好きかも:スロット メダル持ち
「有難うございます!……ほら、狐さん、良かったですね」喜びに弾んで、銀狐が尻尾をふりふりする

その口にそっとボールを咥えさせてやれば、もう二度と落とすものかと言わんばかりにしっかり咥え直した

「小さな秋靄の妖精達がここに運んでいたようだよ