ウルフ・ハンターズ

ウルフ・ハンターズ

 どうやら、古い資料の方が、あの魔法陣解析には向いているらしい

あなたも好きかも:オメガ 007 カジノ ロワイヤル
「さらに……高度な資料があればいい思う」「えぇ

サムソンが以前に言っていたことですよね

少しだけあてがありますので、上手くいけば……足しにできると思います」 赤い手帳の事だろうな

 確かに、あの手帳には、魔法についての研究内容が沢山書き込まれていた

あなたも好きかも:加東市 パチンコ
「俺は書籍にある情報……魔法陣を自動的に取り込めるようにパソコンの魔法を強化してるところなんだが、肝心の資料にできる本が無い」「それで褒美に、古い資料を望もうと?」「そうだ

何か高度な魔法に関する知識が載っている書籍、もしくは図書館のような所のアクセス権を希望したい」「なるほどな

王宮の図書館とか、そんなヤツ」「そういうことだ」 確かに、サムソンの案はいいかもしれない

つまり褒美は、高度な知識が得られる場所のアクセス権

あなたも好きかも:パチスロ サラ番 声優
「でも王宮に図書館なんかあるんスか?」「王宮の図書館は適当に言ってみただけ……あるのかな

その辺はフェッカトールさんにでも聞いてみるかなぁ」 サムソンの案について、思案していた時のことだ

「キャンキャン!」 うわっ

ハロルドか

 先ほどまで部屋の隅で横になっていたハロルドが、いきなり吠えたのでビックリした

 何か言いたいのか

「フィグトリカ殿に聞いてみては、いかがであろうか?」 ノアに呪いを解除してもらったハロルドが提案した

 お隣さんの、あのグリフォンか

そういえば賢者といわれているのだっけ

 賢者なんて呼ばれるくらいだから、物知りなのだろうな