高松 スロット イベント

高松 スロット イベント

そんな様子で客室に戻ってきた親友からポツポツと説明を受けた、″グロリオーサの扱い方は熟知している″アングレカムは、開口一番″風呂に入ってきなさい!″と言い付ける

グロリオーサも素直に従って、有無も言わずに浴室に直行となっていた

あなたも好きかも:カジノ 儲かる 企業
そして落ち込んでいるグロリオーサが風呂に入っている間に、ピーンが食事を運んできたという具合で、領主と客人は2人で夕食の支度をしていたのである

あなたも好きかも:バカラ ビール ジョッキ
『―――あー、さっぱりした』扱いを熟知している親友の″勧め″は的確だったらしく、表情は落ち込んでいたというが、風呂からあがったグロリオーサは、ロブロウ領主が見た限りでは、それは大分払拭されているように見えた

浴室から出てきたグロリオーサは、髪を下ろして、ズボンと足元は皮と木で作られた室内履きの靴をだけ身に付けて、上半身は何も身に付けていない

その後ろから、相変わらず眉間にシワを刻んだままアングレカムがタオルを手にして出てくる

あなたも好きかも:青森 パチンコ 爆サイ
(武装を解いたアングレカムが、世話焼きの文学青年と例えるなら―――グロリオーサはなんだろうな?)まだ何かやり取りをしている青年2人を見ながら、ピーンはそんな事を考えてみていた

だがアングレカムの時はすんなり出てきた例えの言葉が、グロリオーサにはスムーズに出てこない

(ある意味、グロリオーサ・サンフラワーは、グロリオーサ・サンフラワーでしかないって事か)―――この世界で″グロリオーサという人の役目を代われる存在はいない″

(銃という最凶の武器を扱える親友の代わりになれる存在がいても、グロリオーサの役目だけは代わりになり得る存在がいない、か)そこで一度目を細めて、今だ会ったことがない紫の瞳を持つという女性を思い浮かべる

(″今は″な)『上着を早く身に付けなさい、グロリオーサ

レジスタンスのテントの中じゃないんですよ?』世話になっている領主がまるで子供を見るような優しい微笑みを浮かべて、自分と親友を見ているのに気がついて、アングレカムは赤面をしてしまう

自分の腹違いの弟にも、こんなに口うるさく言わないのに、世話のやける親友にはついつい口を出してしまっていた

『野郎同士なんだから別に良いだろう

それに今着たら、髪で服が濡れるだろ?』そう言って下ろしている長い黒髪の端をグロリオーサが持ち上げれば、滴が落ちる