ジャックポットシティ 評判

ジャックポットシティ 評判

ために市街地と要塞は火災と破壊により被害が甚だしい

市内の住民は多数が家を失い食料の欠乏に瀕している

大聖堂は損傷が大きく、城塞は焼け落ちた

あなたも好きかも:スーパーファミコン パチンコ物語 攻略
敵は要塞への接近工事を開始し、我が形勢は圧倒的に不利で、市民・兵士の士気は低下しつつある」 8月27日、ウーリッシ将軍はストラスブール市長と市会議員数名の訪問を受けます

 砲撃が始まった当初、既に市長たちは砲撃の中止を求めて将軍に「独軍と交渉する」よう嘆願していましたが、将軍はこれを拒否していました

市長は「既に市民は限界を迎えている」として将軍に対し、「敵の市街地に対する砲撃を中止させるよう方策を練って欲しい」と懇願したのです

市内では中心地のグーテンベルク広場(大聖堂の西200m)に市民が集まり、「防衛総督は開城を拒否するな」と叫んでいました

 しかしこれらの「圧力」にもウーリッシ将軍は屈せず、市長たちには丁重にお引き取り頂き、市民たちには解散を命じるのでした

 この後、頑固に独攻囲軍と対決するウーリッシ将軍の姿に、次第に市民たちは腹を括り始め、防衛司令官への抗議の声は一旦収まります

既に動員された者以外も、武器が扱える者は老人や少年であっても護国軍部隊に入隊して要塞を警護し、又は義勇兵となって市内の警戒任務に就くのでした

あなたも好きかも:パチンコ屋の倒産を応援するブログ
 砲撃下のストラスブール ※ 「ストラスブール攻囲戦(前)」はこれで終了します

8月27日以降の「正攻法」による攻城戦を記述する「ストラスブール攻囲戦(後)」の前に、「セダン会戦」までに発生し、まだ記述していない戦闘と、占領地や戦場後背地の状況、そして後方連絡線の状況を記すこととします

7月16日、普王国の動員発令により活発に国境へ、前線へと装備・兵員を送り込んだ北独・南独の鉄道網は、主戦軍団の輸送後に各軍団と本国軍団管区・策源地とを結ぶ動脈として重要な役割を果たし始め、各鉄道は兵站物資や攻囲資材、補充兵・後備兵らの輸送に心血を注ぎました

あなたも好きかも:スロット 設定狙い やり方
 しかし、思いのほか仏本土内への侵攻が素早かったため、普大本営(参謀本部や陸軍省)と独兵站総監本部は可能な限り大至急、仏の国内鉄道を復旧し、それが不可能な地域では主要街道を整備・警護して後方連絡線の安全確保に躍起となったのです