プリパラ ゲーム機 復活

プリパラ ゲーム機 復活

 その話に妾の王ではない部分が賛同していたからだ

 渦波と同じようにむかつき、気持ち悪いと心の片隅で思っていたのだ

 やはり、渦波こそ妾の理解者なのは間違いない

あなたも好きかも:スロット 2号機 一覧
 そして、渦波を護衛騎士として迎え、さらに月日が過ぎていく

 時間感覚が麻痺しているおかげか、そのときが訪れたのはすぐだった

 いつかはわからないが、とても早い段階で渦波は妾に告げる

「――もう終わりだ

あなたも好きかも:スロット 準備中とは
算段がついたぞ

セルドラとアイドのおかげで、三騎士の分断に成功した

これから僕はこの国を捨てて、使徒シスを追い詰めに行く」「ようやく、終わるのか……?」「ああ、終わる

逃げるならいましかないぞ

おまえの心配してる悪名は、できるだけ僕一人に向かうように下準備はしてる

あなたも好きかも:ぱちんこ シェア率
まあ、最悪でも、悪名は僕と半分になるはずだ」「な、ならば妾も逃げる……

逃げたいのじゃ……」 こうして、北と南の戦いが最高潮に達したとき、王である妾と近衛騎士団長渦波はヴィアイシアから消える

 独りでなく、二人であることが足を軽くしてくれていた

 限界だった身体だが、理解者が先導してくれるというだけで、なんとか動いてくれた

 闇夜に紛れて、妾たちは北の国から逃げ出していく

 戦地の中を泥にまみれながら、走って走って走り続けた

 そして、国境を越えて、名もない村へ辿りついたところで、妾は礼を言う