ブラックジャック ピノ子

ブラックジャック ピノ子

 このように「どんな読み手を想定しているのか」が明確になると、反響がよくなる「エピソード」は限られていきます

 もし「読み手を想定していない」小説を書いたらどうなると思いますか

結果は「誰にも読まれなくなる」だけです

あなたも好きかも:アミューズ スロット
「帯に短し襷に長し」とでも言いますか、書かれた小説を読んでも誰のために書かれたものかわからなくて「自分が読んでもいいのだろうか」と判断に迷います

 よって誰も手を出そうとしなくなるのです

 せっかく三百枚を書いたとしてもまったくの徒労に終わります

 小説を書くときは必ず「どんな読み手を想定しているか」を明確にすべきなのです

想定する読み手を研究する あなたがすでに五十歳で「中高生を想定する読み手」に設定したライトノベルを書こうとしたとします

あなたも好きかも:パチンコ 三栄
 あなたにはご自身が「面白い」「楽しい」と思う「エピソード」があるはずです

 その「エピソード」は想定する中高生が「面白い」「楽しい」と思ってくれるでしょうか

あなたも好きかも:パチンコ の 仕組み
 正直に言って五十歳と中高生の感覚はまるっきり異なります

 五十歳が「自分はこれが面白くて楽しい」と思って書いたライトノベルを、中高生は「面白くもないし楽しくもない」と判断するのです