ブラックジャック 手塚治虫 rar

ブラックジャック 手塚治虫 rar

風音も、直樹も、弓花も手強いのは承知の上である

 その敵の名はアダマンスカルアシュラ

アダマンチウム製の骨を持ち、6本の手で攻撃を繰り出すスケルトン族最強の一角でありながら、ユニークモンスターではなく複数いる通常の敵なのだ

あなたも好きかも:パチンコ 入 店
 金剛石にも等しい硬質の攻撃力と防御力を持ち、倒されても一定時間が経てば復活する

何より魔物ではなく、魔道トラップのひとつであり、経験値も手には入らない

あなたも好きかも:豚 スロット
ゼクシアハーツの中でも逃げの一手を推奨される危険な敵であった

名前:由比浜 風音職業:召喚闘士称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王装備:杖『白炎』・両手剣『黒牙』・ドラグホーントンファー×2・竜鱗の胸当て・ドラグガントレット・銀羊の服・シルフィンスカート・プラズマパンツ・竜喰らいし鬼王の脚甲・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・蓄魔器・白蓄魔器・虹のネックレス・虹竜の指輪レベル:36体力:145魔力:304+420筋力:67+20俊敏力:71+14持久力:38知力:72器用さ:47スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』スキル:『キックの悪魔』『戦士の記憶:Lv2』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv3』『突進』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス』『インビジブル』『タイガーアイ』『壁歩き』『直感』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv2』『情報連携:Lv2』『光学迷彩』『吸血剣』『ハイ・ダッシュ』『竜体化:Lv2[竜系統]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv2』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv2[竜系統]』『魔王の威圧』『ストーンミノタウロス:Lv2』『メガビーム:Lv2』『空間拡張』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』『ブースト』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス』『リビングアーマー』『アラーム』風音「弓花というかアーチの血が大量に染み着いている地だね」弓花「ゲーム中はアーチはここで随分とつらたんしたからね

死にまくりだったよ」風音「まあ、アーチに限らずプレイヤー全般に言えることだけどね

ここはともかく死亡率高かったんだよ」

ヴォード遺跡へはエンジェリートの街からヒポ丸くんたちで4時間過ぎた辺りで到着した

徒歩でなら1日か2日はかかる距離を大幅に時間短縮して踏破した風音たちではあったが、さすがにもう夜である

 エンジェリートの街でも戦闘はあったし、無理に遺跡に潜る必要もない

あなたも好きかも:パチンコ にまつわる 怖い話
なので今夜は遺跡の前に泊まり、探索は明日の朝から開始となった

◎浮遊島 ヴォード遺跡前 風音コテージ 夜 すでに夕食も終え、明日の方針を話すためにリビングに全員が集まっている

そして風音がヴォード遺跡に入る際の注意事項を述べるとあからさまにジンライが嫌そうな顔をした