ウィリアムヒルカジノ 出金

ウィリアムヒルカジノ 出金

私……がんばるだけがんばる……」 呟く声に、反町は呆れてため息を吐いた

「またそんなこと言ってる」 今から説教でも始まりそうな空気に、優樹は顔を上げて「ううん」と首を振り、少し恥ずかしそうに首を縮めて俯いた

あなたも好きかも:まどまぎ スロット
「……だって、ンほら……今の学校は、その……、……流君と、一緒にいても、……流君が、恥を掻かないように、……その為の、学校……だから」 顔を真っ赤にしながらも一生懸命に告げる

そのまま顔を上げられない優樹に、反町は少し間を置いて微笑んだ

「今のままでも、オレは恥なんて掻かないよ」 優樹は赤くなった顔を上げて、真剣に強く首を振った

「んーんっ

掻くっ」「掻かないよ」「掻くっ」「掻かない」「掻くっ!」「掻かない」 ツーンとそっぽ向いて淡々と返す反町に優樹は少し頬を膨らませた

「でもっ、……でも、礼儀正しくご挨拶出来た方がいいでしょ?」「どんな風に?」 首を傾げられ、優樹は「……

え?」と嫌そうに頬を引き攣らせた

「やってみて」 にっこりと笑って促され、優樹は少しためらいながらも一歩後ろに下がり、きちんと背筋を伸ばして両手を前で組んでにっこり

「ごきげんよう」「あはははは!」 お腹を押さえていきなり大笑いされ、優樹はムっと目を据わらせた

あなたも好きかも:パチンコ モリナガ
「に、似合わない!」「……

酷いっ」「似合わな過ぎる! ぜんっぜん似合わない!」 おかしそうに笑い続ける彼に、優樹は恥ずかしそうに「……ふんっ」とそっぽ向いた

「……こうやって習ってるのっ」「それ、何か間違ってるんじゃないのっ? ぜーったいおかしい! ……みんなにも見せてやれば良かった! ウケるよそれ!」「……

人を笑い物にしようとしてるっ」「笑えるっ

一発芸だねっ」 優樹はムカッ! といつまでも笑っている反町を睨み付ける

反町の方は「くくっ……」と笑いながらお腹を撫で、息を整えながら頬を膨らませている優樹に苦笑した