バイオハザード リベレーションズ スロット 中段チェリー

バイオハザード リベレーションズ スロット 中段チェリー

「キイ様! 無事だったの……………………その女誰ー!?」「え、ああ、えっと……」「呪いが集まったようなのですけど特に問題はなかったのです?」「ああ、あれは呪いの処理に集める必要があって……」「キイ様ー

そこの女何なのー? ついてきただけとかー?」「…………とりあえず、まず彼女の紹介から

話を進めるためにも」 ヴィローサが公也についてきた女性……つまりはカシスだが、彼女をじとりと睨んでいる

あなたも好きかも:スロット ルパン三世 ゾーン
カシスはなぜそんな風に睨んでくるのだろうとちょっときょとんとした感じである

ヴィローサの存在、彼女の毒気を受けても気にしない辺り呪い慣れして耐久性が高いようだ

「まず……何から話そう」「あなた様、私の自己紹介からするのはどうでしょう?」「あなた様!? ちょっと! なんでキイ様のことそんな風に呼んでいるわけ!?」「あら……こほん

公也様、それでは自己紹介をさせていただきますね」「ああ、うん……」「私はカシス

あなたも好きかも:ポーカー ベット
この地にて呪いにより繋がれ維持されていた存在です

この地における呪いの楔であり、公也様に助けていただき自由を得ることができました

あなた方は……公也様の友……いえ、仲間? 公也様との関係は分かりませんが、以後よろしくお願いします」 綺麗にメルシーネとヴィローサに礼をするカシス

あなたも好きかも:ブックメーカー オリンピック
そんなカシスの姿を見てヴィローサは先ほどと変わらずにらみ続け、メルシーネはカシスの目に注目する

いや、目に限らず全身も見まわしている

「霊体……しかし、普通のアンデッドとも違うのですね」「アンデッド? あ、確かになんとなーく透けてるような……」「彼女はこの建物が作られたころくらいの生まれみたいだから……呪いの楔にされ、その結果今まで存在が維持され続けてきた」「今も、なのですね

呪いの楔とされている証左が目に突き刺さっているのです

強い呪い……ある意味ではもう彼女の一部になっているのです? この地にあった呪い、アンデッドが生まれるほどの呪い……少なくともまともな呪いではないのです