ブラックジャック 赤ちゃんのバラード

ブラックジャック 赤ちゃんのバラード

 あの短時間で、サヤの口にした言葉で、ハインは孤児であった自分が救い上げられたと感じたのだ

 孤児は、前世の悪行故に、苦難を与えられた者だとされている

 だから、彼らが不幸なのは当然、不幸でなければならないのだ

あなたも好きかも:スロット 確変とは
孤児はまともな方法で生きていけない

盗んだり奪ったりをせざるをえない

雨風に晒(さら)され、保護してくれる大人もなく、さらに悪行を重ね、また来世も堕ちる……

 そんな孤児が救われるには、神殿で自身を捧げ、神に奉仕し一生を終えるしかない

そうすれば、来世では救われると言うのだが……前世の記憶もなければ、来世が約束されているわけでもない

 本当の真実を知る者は、いないのだ

 九年より前のハインは、俺も知らない……

 俺が出会ったハインは、痣だらけ、傷だらけで、路地の片隅に崩折れていた

あなたも好きかも:無料アプリ カジノ
 明らかに暴行の後で、自身で立つことも出来ず、虚ろな目で虚空を見ていた

小雨の降る中、身を守る術など無く、ただ静かに濡れていた

 俺が話し掛けても反応せず、ただ自身の終わりを待っているように見えた

 その姿はただ、暴力に晒された子供でしかなった

前世がどうだろうが、子供を痛めつける行為が何故正しいことになる? あの時俺は、そんな風に思ったのだ

 俺も、孤児と変わらない