スロット 万枚 出やすい台

スロット 万枚 出やすい台

ナタリアちゃんは真面目な子だし、いい先生になると思うわ」「そ、そうかな…………」 先生かぁ…………

本職は冒険者なんだけど、先生になるのも悪くないかも

 そう思っていると、クランちゃんは微笑みながら頭を撫でてくれた

「頑張ってね、ナタリア先生♪」「うん、頑張るわ」 しっかりと彼らに勉強を教えてあげないと

あなたも好きかも:楽天ショウタイム パチンコ
 クランちゃんに応援された私は、そう思いながら教壇の方へと戻るのだった

「おお、成績上がってるじゃん」 採点が終わった算数のテストに書かれているテストの点数は、以前に行った算数のテストの点数よりも明らかに上がっていた

以前のテストでは当たり前のように0点と書かれたテストの答案用紙が何枚もあったんだが、ナタリアたちが実施したテストの答案用紙たちの中には、0点と書かれている答案用紙は一枚もない

 100点をとった兵士はいなかったけれど、2名だけ80点をとった兵士もいる

あなたも好きかも:パチンコ 化け物語 セカンド ナナテン
平均的な点数は60点ほどらしい

 その答案用紙をナタリアの机に置くと、アイスティーを飲みながら休憩していたナタリアが顔を上げた

「ねえ」「ん?」「あんた、計算ができない兵士をどうして砲兵隊に配属したの?」「ああ、フョードル軍曹か

確かに計算はできてないけど演習の時の命中率が一番高くてな

確かに計算ができない砲兵を配属するのは大問題かもしれないけど、本人も砲兵隊に配属してほしいって言ってたし、試しに配属してみたんだ」 そう答えると、ナタリアは溜息をついた

「あのね、配属するならちゃんと教育を受けた兵士を配属しなさいよ