レインボークエスト スロット

レインボークエスト スロット

 それにスノウは「余り大きい声で言わないで……

建前は私がマリアちゃんの後見人で、面倒を見てるってことになってるんだから……」と口に指を当てて、周囲を見回した

他の人には内緒の話らしいが、周囲のギルドメンバーの表情を見る限り、誰もが知っていることのように見える

「――カナミさん、昔のままですよ?」 一言

 マリアは昔の思い出を僕に訴える

あなたも好きかも:馬橋 パチンコ バイト
 かつて、僕とマリアが二人で暮らしていた家

あなたも好きかも:パチスロ タバコ
 スノウと同じく、マリアにも僕を誘おうとする意気があった

 ふと僕は周囲のギルドメンバーに目をやると、先んじてヴォルザークさんが僕に声をかける

「ここの後片付けは任せとけ

終身名誉マスターに、こんな雑事は任せられねえよ」 反応が早い

あなたも好きかも:物語 パチンコ 7テン
 近くで聞き耳をたてていたのかもしれない

その傷だらけの強面に似合わずヴォルザークさんは、そういう細かな気遣いができる人だ

「いや、そういうわけにはいきませんよ

片付け手伝います」 すぐに僕は否定しようとするが、ヴォルザークさんの隣にいた魔法使いの装いの女性――テイリさんがさらに強い否定を被せる

「駄目よ、カナミ君

こうやって、細かく恩を売ることで、本当に『エピックシーカー』が危険に陥ったとき、あなたに助けて貰おうって魂胆なんだから」 テイリさんは鋭い目で僕を見る

 彼女は僕とスノウをくっつけようとしている筆頭だ