パチンコ しんだい

パチンコ しんだい

 当然、摂政政府首相もあの中国で英雄となったパリカオ(八里溝)伯爵クーザン=モントーバンです

あなたも好きかも:マクロス パチンコ 演出
軍事セオリーも当然分かっていたはずですが、結局は皇后一派の「お飾り」に過ぎず、そして皇后一派が何よりも恐れたのは連戦連勝の「敵」ではなく、恐ろしい「味方」、国民なのでした

その「国民」も、後に語ると思いますが地方はそれほど独に対して徹底抗戦するだとか、進撃に拘るとか、その手の「熱情」に駆られることも少なく、ただ平凡な日常に早く戻るための努力をしよう、といった程度だった様子で、「恐ろしい味方」とは、そんな地方民衆までも熱情の渦に巻き込んでしまう仏国「エネルギーの根源」、パリ市民なのでした

セダンの仏兵を描く仏プロパガンダ この「パリ市民」に関しても、避けて通れませんのでこの先「パリ攻囲」で「軽く」語るはずですし、何度も言いますがネットに素晴らしい評論や、何しろ「パリ燃ゆ」と言う名作もありますので、そちらをご覧頂くとして

あなたも好きかも:札幌 パチンコ 優良店
 このパリ市民がほとんど現実を「見ざる聞かざる」状態(でも「言わざる」ではない)で、面白おかしく「他人の不幸」を書き散らす(しかも真偽織り交ぜて)外国からの報道を真に受け、それを更に国内の新聞が煽り立て、殆ど闘牛の牛状態で「ラインへ進め」と叫ぶ中で政権を保とうとすれば、それはもう国民への「すり寄り」、ポピュリズムに陥るしかないのです

 「真実」などというものは国家、時にはたった一人の独裁者(何もヒトラーやスターリン、秦の始皇帝、ローマのカエサルたちばかりではなく、絶大な人気を誇った政治家たちもそう)の考え一つでどうにでも変容するものです

時にそれを真に受けた無辜の人たちによって、それが国家の「喜怒哀楽」となり、独裁者たちは自分たちが蒔いた都合の良いはずの種が発芽して成長するにつれ、今度は育ち過ぎた「世論という植物」に絡め取られて行くのです

 この普仏戦争という145年前の戦争は、ポピュリズムの典型的な例と良く言われますが、こんな軽薄短の筆者ですらはっきりと俯瞰することが出来るポピュリズムという国家政府にとって「最悪」の終着点を、19世紀から20世紀(否、現在もでしょうか)の施政者たちは見て見ぬ振りをするか、はたまた、自分たちは違うと優越感に浸って次々と墓穴を掘って行ったのです

あなたも好きかも:hotd スロット 山佐 評価
 この戦争の後半から戦後の「終焉」(パリコミューン)は、正に仏国の「汚点」と呼ぶべき時期で、それを今後読者の皆さんと軍事面から見て行くこととなります

捕虜の護送(家族との別れ)ジュール・ドーベル画 もちろん、8月中旬の状況下ではパリ摂政政府の横槍があろうが、皇帝がちょっかいを出そうが、マクマオン将軍が大逆転を演じられたかどうかの可能性は限りなく小さかったと言わざるを得ないでしょう

 シャロン軍は、一部やる気満々の将兵(海軍歩兵「ブルー」師団)がいたものの、それ以外は、予備や第二線から参加し「運がない」と吐息を吐いていた連中と、ヴァイセンブルクからヴルトと連敗し、長距離を糧食乏しく後退して来た敗残兵の集合体でした

個々にはさすがと思わせる戦い振りは見られましたが、疲弊し不満たらたらの軍を指揮するのはただでさえ厄介でしょう