カジノ セブンラック

カジノ セブンラック

だからこそ、彼女たちは自身の立場、現在の状況に関して悩むのである

特に……祖国との関係以上に、彼女たちの場合は公也との関わりの方が大きく影響するところだろう

「思うんだけど、リルフィと違って私たちってキミヤにちゃんと想われてるのかなって良く思うのよね」「それは……公也様に直接聞くのが一番だと思いますが、決して想われていないってことはないと思いますよ?」「そう?」「公也様はあれで本当に望まないこと、嫌なことは受け入れないでしょうから

あなたも好きかも:スロット 無料 体験
ちゃんとハティもペルシアも、公也様が好ましいと感じたからこそ受け入れたのです」 公也の持つ性質の<暴食>はあらゆるすべてを受け入れる、食らう、取り込む、そういう性質を持つからこそ得られたもの

しかし、本当の意味ですべてを受け入れられるということでもない

あなたも好きかも:スロット ハマった後
本質的にこの世界に生きて、この世界に存在している以上はどうしても受け入れられない、性質的に合わないものもある

でなければ好感を抱くようなこともない

正があれば負もある、負があれば正もある、それが世の常だ

 まあ、だからこそ受け入れている以上は公也はそれを受け入れられると感じているわけである

あなたも好きかも:大阪 カジノ 建設
好ましい、望ましい、欲しい、そういうところがある

もっとも離れていく場合でもそれを止めたりはしないだろう

そういう点では繋がりが弱いと感じてもおかしくはない

アリルフィーラですら、本気で公也から離れるつもりがあるのなら……公也はそれを受け入れるだろう

ある意味ですべてを受け入れるような性質は自身に来ることだけでなく自身から離れることすら受け入れるということでもある