新越谷 スロット イベント

新越谷 スロット イベント

 だれもが寝静まった時間帯、星空というには雲の多すぎる空模様は、夜の闇を深いものへとしていた

肌寒く、寝間着だけでは、夜風を楽しむなどという芸当はできそうにない

うだるような夏は、とうに過ぎ去ってしまっている

 ザルワーンにいたころは季節感を肌で感じる、ということはなかったといってもよかったが、ここエンジュールでは秋の景色がセツナたちの目を楽しませてくれていて、夜中に薄着で出歩いてしまったのは、セツナの不注意以外のなにものでもなかった

 人気のない庭の中を歩いている

あなたも好きかも:神興 パチスロ
小さな池があって、雲隠れしようとする月が水鏡に移りこんでいる

あなたも好きかも:パチンコ ジパングくずは
池には鯉でも泳いでいるのかと思ったが、そうではないようだった

 宿所は、アズマリアの騒動があってからというもの、強烈な警備体制が敷かれかけたが、セツナが阻止した

自衛能力のあるセツナたちを護るために大事な人員を割くなど、以ての外だと説得したのだが、ゴードンとしてはセツナにもしものことがあったらと考えると、ぞっとしないに違いない

それでも、厳重な警備の監視下に置かれていては、休暇を満喫することもできないというセツナの本音を優先してくれたゴードンとは、上手くやれそうな気がした

あなたも好きかも:矢口真里 パチンコ
「眠れないのかしら?」 唐突に問われて、セツナは後ろを振り返った

多少厚めに着込んだファリアが、館の中からでてきたところだった

ミリュウがついてきていないところを見ると、彼女は寝てしまったらしい

「そういうわけじゃないけど」 セツナが苦笑交じりに答えると、ファリアは小首を傾げた

「ふうん?」「……ファリアのことを考えてた」「わたしのこと? どうして?」 ファリアが目を丸くしたのは、予想外の返答だったからだろうが、セツナは本当のことをいったまでだった

彼女のことを考えるために静けさを求めているうちに、庭に出てしまった