スロット 北斗の拳 将 ビッグ

スロット 北斗の拳 将 ビッグ

そして、数歩遅れて立ち止まった糸原を振り返り向き合うと、早速真顔で切り出す

「生徒たちの間で、先生のあらぬ噂が飛び交っているようです」 糸原はキョトンとして瞬きを繰り返し、苦笑いを浮かべた

「あらぬ噂? ……って、なんですかそれ?」「ご存知じゃないですか?」 困った笑みを浮かべる糸原に真っ直ぐな目を向けて問うと、糸原はゆっくりと微笑んだ

――ただそれだけだ

あなたも好きかも:バカラ ブレスレット
 原田は静かに鼻で深呼吸をした

あなたも好きかも:スロット バイオ ハザード フリーズ
「単刀直入にお伺いします

八月に学園を去られた長谷川先生とはお付き合いされてましたよね?」 冷静に、いつもより声を潜めて問う

原田の真っ直ぐな目に、糸原は照れ臭そうに笑った

あなたも好きかも:オンラインゲーム 自由度
「知っていたんですか?」「同じ職場ですから

他の先生方も気付かれていたんじゃないですか?」「いやだなぁ……なんか」 少し目を逸らして恥ずかしげにソワソワとするが、それは本当の姿なのかどうなのか

 その判断も出来ないまま、原田は少し目を細めた

「長谷川先生は親御さんの看病のために実家に戻られたようですが……、本当でしょうか?」 探りに掛かる気配に気付いたのか、糸原は間を置いてため息を吐き、苦笑いを浮かべた

「もしかして、何か疑ってます?」 軽く首を傾げて笑みを浮かべた後に、「例えば……」と自ら視線を上げて予想する

「そうですねえ……

ボクが長谷川先生を犯した、とか

男子に長谷川先生を犯すように指示を出した、とか?」 最後、問い掛けと共ににっこりと笑って首を傾げられたが、原田は何も答えることなくじっと真顔で窺っている

そんな彼に、糸原は軽く噴き出し笑った

「先生までそんな話しに惑わされるなんて」 愉快げに背中を丸めて漏らした後、顔を上げると、尚真顔でいる原田に微笑んだ

「長谷川先生は、お母さんの看病のために止む得なく教師を辞めて、実家に戻ったんですよ