パチスロ 万枚突破率

パチスロ 万枚突破率

先生と仲良くしているのに、こんな話になっちゃって……」「あんたのせいじゃないでしょ」 謝る優樹に生美はため息を吐き、頬を膨らませる華音を睨み付けた

「話がまだよく掴めないけど……状況によっては先生も要注意人物だからね

いいわね?」 華音はムッと眉を吊り上げ、返事をしない

「そんなことはないもん!」と訴え睨み返す目に、一平は呆れたため息を吐いた

「話し次第や

そうツンケンすなや」「……してないもんっ」 フンッ、とそっぽ向く華音に洋一は鼻から深く息を吐き出し、校舎を出た足でグラウンドに向かう隣の優樹を見下ろした

あなたも好きかも:計数管理 パチンコ
「……原田が奉仕屋をやってた、って事は……翔太先輩たちの前にも奉仕屋はあったって事か?」「休部と、再開を繰り返していたみたい

あなたも好きかも:キャプテンロバート パチンコ
……再開しても……邪魔されて休部に追い込まれたみたいで」「……、まさか、その時も……」 ためらい言葉を切らす彼に、優樹は首を振った

「先生が知っている限り……翔太先輩だけ

……先生、すごく悔やんでた

……奉仕屋を復活させれば邪魔されるってわかっていたのに、助けられなかったって」 話しながら視線を落とす優樹に、立花は顔をしかめた

「ってことは……原田は先輩たちを知っていたのか?」「うん