一之江 パチンコ 営業

一之江 パチンコ 営業

 魔王(元)が意味深長な事を言ったが、今はそれを気にしている場合では無い

「行くぞ……!」「…………」 タンッ! ライは大地を踏み砕き、一瞬にして音速まで速度を上げてヌーラへ向けて加速した

「オラァ!」「……遅い……!」 その刹那、ライの拳とヌーラの掌《てのひら》がぶつかり合い、周りの建物を大きく揺らして砂埃を巻き上げる

(……音速を掌《てのひら》で……中々の実力者と見た……!) ヌーラの様子を見、その実力を推測するライ

 音速を軽く受け止めたという事は、この程度の速さなら目視《もくし》できているという事

 それを確認したライは自分の拳を動かし、それを反動にしてヌーラから距離を取る

あなたも好きかも:カジノ 億万長者
「中々の実力だ……

やはり油断出来ぬ……」 ライの拳を受けたヌーラもライの実力を少し理解した様子だ

「フッ……面白い……!」「……!?」 刹那、ライの後ろにヌーラが現れた

 一瞬にしてライとの距離を詰め、ライの背後へと回り込んだのだ

あなたも好きかも:ネクサス パチンコ 社長
「……成る程……それがアンタの強さか……」「……やはり、貴様は掛かっていないな……儂《わし》の術に……

だから儂《わし》の存在を暴こうという行為をしている」 そして、ヌーラはライの背に刀を近付け、脅すような口振りで話す

あなたも好きかも:テイルズ オンラインゲーム
 ヌーラはライへ対して敵意を剥き出しにし、目をギラ付かせていた

「……ああ……そして実を言うと……俺もアンタの正体も知りたいんだが……やっぱり無理か?」 後ろに着くヌーラへ向け、ニッと笑って告げるライ

 ライの背に刀を近付けながら、ヌーラは言葉を続けて話す

「ああ、それは無理な話だ……

まあ、儂《わし》もそれなりにヒントっぽいものを出していたからな……