パチスロ の 日

パチスロ の 日

だから……あんまり責めないで……」 悲しげに訴える優樹に、隣の反町が「優樹はわがままなんて言ってないよ」と彼女の腕を軽く撫でるが、生美は「わがままって?」と顔をしかめた

「何を言ったのよ、あんた」「……いつか行かなくちゃいけないことなら、みんなが一緒にいてくれる間に行ってもらおうと思ったの

……流君がいなくても、寂しくないように……

あなたも好きかも:リネレボ スロット効果
……私のわがままなの

あなたも好きかも:パチンコ 出玉データ
ごめんなさい……」 泣き出しそうに俯く、そんな優樹に、生美は呆れ気味に深く息を吐いた

「……そういう理由なら、オレはその方がエエわ」 一平が少し寂しげな笑みを浮かべて口火を切り、みんなが彼を振り返った

「まぁ……流がおらんなって、その代わりになれるンかどうかはわからんけど

あなたも好きかも:今上 エリ ブラックジャック
……寂しさ感じん為にオレら必要なら、オレは今の方がエエな」「なんでだよ?」 白川が訝しげに問う中、大介は不愉快そうに一平を睨む

一平はそんな彼を無視してみんなに笑みを溢した

「オレ、高校卒業したら大阪に戻るしな」 みんなは「……えっ?」と、愕然と目を見開いた

「来年、流がおらんっちゅーのは残念やけど……

そのあとで会われんことはないんやし

せやけど、優樹が寂しいゆうのンを埋めるンは、傍におらなしゃーない

……オレがこの街におれるンは来年だけやから、せやったらその一年、有意義に使わせてもらうわ」 にこやかに話す一平にみんなは戸惑いを露わにしていたが、そんな中、優樹がいきなり背中を丸めて顔を両手で覆い啜り泣きしだした