磐田市 パチンコ店

磐田市 パチンコ店

炬燵の長さとアリスが首まで炬燵布団に埋まっているのはいいのだが、その反対側から足が少し飛び出しているのだ

あなたも好きかも:パチンコ ユニフォーム ベスト
普段のアリスの身長と縮尺からしてこの場所から彼女の足が伸びているのはおかしいなと康太は足の側へと回り込む

「ていうかちょっと待て・・・お前の体ここまで長くないだろ・・・誰の足だ?」そういって康太が足を掴んで強引に引っ張ると、炬燵から現れたのは先ほど下に降りて行った神加だった

どうやら炬燵の魔力に引き込まれたのはアリスだけではなかったようだ

「神加・・・炬燵にこんな潜り方すると苦しいだろ」「あったかくて気持ちいい」「・・・まぁ最近寒くなってきたからな」そういって康太は神加を座らせると自分も炬燵の一角に座り込む

あなたも好きかも:パチンコ pv
足を入れてみるとどうだろう、ゆっくりと足先に熱が伝わる

気温も下がってきて冷えがちな足先を炬燵の熱気がゆっくりと温めてくれるのがよくわかる

これは確かに出られなくなる

何百年生きた魔術師でも、日本人が生み出した堕落人間量産兵器には勝てないようだった

「ちょっと康太、あんたまで何やってんのよ

片づけさせるんじゃなかったの?」「いや文、これは片づけちゃいけないだろ

日本の美だ、風情だ、こういうものを楽しめないといっぱしの日本人とは言えないぞ」「然り、ほれフミも恥ずかしがらずに入ってくるがよい」アリスが手を少し動かすと文の体が宙に浮き、無理やりに近い形で文の体は炬燵の中に吸い込まれていく

ご丁寧に文が座るとすぐに熱いお茶と煎餅が目の前にスタンバイされていた

「炬燵に煎餅に熱い茶、これぞ日本の冬景色よ」「俺的にはミカンが鉄板だと思うんだけどな

今度買っておくか」「・・・まぁあったかいのは否定しないけどさ・・・」「なんだ、文は炬燵嫌いか?」「嫌いってことはないわよ?ただこのまま寝ちゃいそうなのよね・・・それだと風邪ひきそうじゃない?」「それはあるかもな

神加、寝ないように気をつけろよ?」「うん、大丈夫」神加は机の上にある煎餅を口に運びながら炬燵の温かさを堪能しているようだった

炬燵の魔力というのは抗いがたい

日本人が作り出した魔性の暖房器具というだけあってその効力はすさまじい