名宝 パチンコ 沖縄

名宝 パチンコ 沖縄

まあ、それだけじゃなさそうだけれど、それも鍵のひとつというわけだよね」 これは、先日のクラーラからの通信でわかったことだ

 だからこそ、考助とシュレインは里の営みを見ながら頭を悩ませているのだ

 だが、ここまで悩まずに話していた考助だったが、どこかに違和感を覚えて首を傾げた

 先ほどの思い付きからどこか話がずれている気がしたのだ

あなたも好きかも:グリフィンズ・クエスト・クリスマス
「コウスケ・・・・・・?」「あー、いや、うん

なんだろう? なにか喉に刺さっているような感じがして、気持ち悪いんだよねえ」 腕を組んで頭をひねる考助を見て、シュレインも同じように首を傾げた

 考助の感じている違和感がなんなのか、シュレインにはさっぱりわからなかったのだ

あなたも好きかも:筑紫野 パチンコ店
 ここで、それまで黙ってふたりのやり取りを聞いていたミツキが、言葉を挟んできた

「考助様が、違和感を覚えたのは鍵の部分? それとも時代? それよりももっと前の話で?」 ミツキにも考助がなにに引っかかっているかはわかっていない

 だからこそ、敢えてそれがなにかを聞き出そうとしたのだ

「それは、鍵・・・・・・じゃなくて、時代・・・・・・あっ! そうか!!」 突然ポンと手を打ち鳴らした考助に、シュレインとミツキは顔を見合わせた

 不思議そうな顔をしているふたりに、考助はさらに質問を続けた

「里のことに気を取られていて忘れていたけれど、僕らが飛ばされた、というよりも錫杖が選んだのは、この時代だけじゃない

もうひとつあるじゃないか!」 すっかり興奮した様子で話す考助に、ミツキもなるほどという顔になった

「どうみてもここはセントラル大陸ではないものね」「そう! それを考えれば、理由がわかるんじゃない? 場所というよりも、なぜこの里じゃないと駄目だったのかとか」 その考助の言葉に、シュレインはなにか衝撃を受けたような顔になった

「この里じゃなければならなかった理由か・・・・・・なるほどの」 ひとりで納得して頷くシュレインを見て、考助はにやりと笑った

「なにか思いついたみたいだね」「ああ

恐らく・・・・・・間違いないじゃろうな」 ため息のようにそう言ったシュレインの顔は、どこかスッキリとした顔になっていた

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 立ったままでは落ち着かないので庵に戻ろうというシュレインの提案を受けて、考助たちは市から戻ってきた