is〈インフィニット・ストラトス〉 スロット

is〈インフィニット・ストラトス〉 スロット

まるで斬撃が飛んできたかのようだが、セツナにそういった逸話があることを思い出して、彼は苦笑した

(なにからなにまでセツナ=カミヤじゃないか) レムは、まさに英雄セツナの影の如く、目の前にいる

 そこで、レムの攻撃が止むわけもない

死神は空を蹴るようにして踏み込んでくると、闇の手が握った斧や槍を含めた連続攻撃を仕掛けてきた

それらを大気の障壁で受け止め続けるのは、困難を極める

あなたも好きかも:ダイヤモンド スロット 攻略
障壁を生み出したつぎの瞬間には破壊され、一歩、また一歩と距離を詰められているのだ

いずれ障壁の展開が間に合わなくなる

あなたも好きかも:パチンコ 子供 蒸し焼き
 だが、レミリオンは、自分の優勢を疑っていなかった

 レムは、レミリオンに肉薄し、矛を振り回そうとしたその瞬間、不意に右に飛んだ

装甲に覆われた左胸に大きな穴が空く

「これは……」 レムは、後方を一瞥すると、驚きに満ちた声を上げた

あなたも好きかも:東洋 パチンコ 広島
 レムの視線上、つまりレミリオンの前方には、もうひとりのレミリオンが立っていた

ただし、その姿は鳥神と合一したレミリオンの姿ではなく、獅徒レミリオンとしての素のままのものだ

それは、つい先程、レミリオンが牽制に放った空気塊の中から生まれた存在であり、彼の分身といっていい

能力的には本体に遠く及ばないものの、レムにまったく通用しないわけではないことは、先程の攻撃で明らかになっている

もっとも、その攻撃で穿たれた部分は、いまや完全に塞がれていて、さすがは不老不滅の存在だと呆れるより他はない

とはいえ

「さすがの死神も驚いたようだね」 レミリオンは、レムが呆然としている様を見て、愉快な気分になった

ようやく、レムを出し抜くことが出来た気がする