まどか マギカ スロット 天井

まどか マギカ スロット 天井

「あ~、言われてみれば、確かに

あなたも好きかも:オンラインカジノ 評判
というか、シルヴィアはそういう意味で作ったんだろうし」「間違いなくね

それで? ユリの力の定着が終わったら、エリスたちは召喚するの?」 第五層の神殿のときと同じように神威召還を行うのかと聞いてきたアスラに、考助は首を傾げた

「必要かな?」「どうかしら? あなたが必要ないと思えば、必要ないのでしょうけれど、その場合はこのあとで色々と要求されると思うわよ?」 その言葉で、アスラが何を言いたいのか分かった考助は、ため息をついた

「・・・・・・分かったよ

エリスたちに頼んで召喚するよ」 定期訪問でアスラの神域に来ている考助は、このあとで女神たちとの会食が待っている

 そのときに、間違いなく自分たちが関わるようにいろいろと言われるのは間違いないので、今回の断り文句としてエリスたちを使えとアスラは助言したのだ

 最初から多数の女神たちがかかわることがわかっているのであれば、最初からエリスたちをかませた方がいい

 そう判断した考助は、アスラの助言通りにエリスたちの神威召還を行うことを決めたのであった

 勿論、第五層のときのように多くの人目がある場所でやるつもりはなく、サラサたちがいるだけの必要最小限の人数でやるつもりだ

あなたも好きかも:パチンコ 撤去リスト 3次
 諦めたような表情になった考助を見て笑みを浮かべたアスラは、小さく頷く

「そのほうがいいでしょうね

しばらくはそれであの子たちも抑えられるでしょうし」「・・・・・・しばらくは?」 不吉なアスラの言葉に、考助の表情が固まった

 アスラは、考助のその顔を見て少しだけ目を瞠った

「まさか、エリスたちを召喚しただけで終わると思っていたの? それで持つのはせいぜい数年といったところよ?」 考助の眷属に加護を与えるのを許可したときのように、自分たちもおねがいしますと言われるのは目に見えているとアスラは続けた

 そしてさらに、アスラは考助に向かって意味深な表情を向けた

「考助が、彼女たちを抑えられるなら抑えてもいいけれど・・・・・・少なくとも私には無理ね」 アスラが無理なものを自分が抑えられるはずもない