スロット 伊達政宗

スロット 伊達政宗

 あるのは、純然たる力の差だけだ

 もっとも、それが上下関係を決める一面を持つが、それが全てではない

「創ってもらう?」「ええ

これを使って」 シュレインの確認に、ビアナが懐から手のひら大の球体状の物を出した

「それは?」「あっ・・・・・・!」 それを見たシュレインは首を傾げたが、今度は考助が反応を示した

 その様子を見て、ビアナが嬉しそうに頷いた

「流石ですね

見ただけでこれが何か理解されましたか」「そりゃまあ、散々調べて分からなかった物だからね」「コウスケ?」 前もって知っていたかのような反応に、シュレインが問いかけた

「分からない? シュレインの城にも似たような物があるじゃない」「まさか、ヴァミリニア宝玉ですか~?」 ピーチが先に気付いて、首を傾げた

あなたも好きかも:パトレイバー スロット ガチャ タイミング
 シュレインが気づかなかったのは、ヴァミリニア宝玉その物とはだいぶ様子が違ったためだ

あなたも好きかも:パチスロ 北斗の拳 将 解析
「正確には、ヴァミリニア宝玉になる前の段階と言った感じかな? もっと言うと、同じような処理をしてもヴァミリニア宝玉にはならないけど」 考助が以前にヴァミリニア宝玉を調べた時、どうしても分からなかった部分があった

 その部分がそのままビアナが持っている球体に当てはまるのだ

 もっとも、ビアナが持っているのはヴァミリニア宝玉そのものではない

あなたも好きかも:god パチンコ 199 セグ
 かといって、プロスト宝玉そのものでもない

 今ビアナが手にしているのは、プロスト宝玉になる前段階の物だ

 その宝玉は、山の神であるクラーラ神から渡されて、長い間本来の姿になるために力をビアナを含めた管理者たちに力を注ぎ込まれている物になる

 考助の言葉にビアナも頷いた