スロット 旋風 の 用心棒

スロット 旋風 の 用心棒

「いいね? キミも、ちゃんと流の言うことを聞くんだ」「……はい」「ちゃんとわかった?」「……はい」 しっかりとした返事で笑みを溢すと、「……ありがとうございます」と、深く頭を下げた

あなたも好きかも:パチンコ 屋 清掃 求人
 一日一回でも、これで彼と気遣いなく話しをすることが出来る

それだけでも充分だ

しかも、二人だけ専用

指輪の存在とはまた違う嬉しさがある

 頭を上げて嬉しそうにスマートフォンを見つめる優樹に、保宅は「うーん」と、悩ましい笑みを溢した

「お礼だけじゃあなぁ……」 不満げな声に、優樹は「え?」と、キョトンとした顔を上げた

あなたも好きかも:パチンコ ドル箱 終わる時
「そういえば……、貸しがあったっけ?」 笑顔で少し距離を縮められ、優樹はギョッ! と目を見開き、顔を真っ赤にして硬直する

「いやぁ……、まさかこんなことになるとは

あ、でも、これは医学的な研究だから」 真顔で首を振る保宅に優樹はキョトンとした

《クソ親父!! 何やってんだ!!》 子機から怒鳴り声が響き、二人はそちらに目を向けた

《殺してやるぞ!!》「負け犬の遠吠えってヤツだ

ねー、優樹ちゃん? どう見たってわたしの方がいいだろう?」 笑顔で首を傾げられ、優樹は「……はは」と、顔を赤くしたまま引き攣った笑みを浮かべる

《明日そっちに帰ってやる!!》「そんなことしたら優樹ちゃんにうちの医学生を紹介してここには立入禁止にするぞ?」 子機を睨む保宅に優樹は「うっ……」と悲しげに眉を寄せた

《優樹に近付くな!! そこから出て行け!! いなくなれ!!》「黙れ黙れ、うるさいうるさい」 素っ気ない態度で首を振ってあしらう、そんな保宅を見て、優樹は「……ふふ」と笑った

 なんだかんだと喧嘩しても親子

こうして“戯れている”のも楽しいのだろう

 ――だが、その“楽しそうな”空気もすぐに変わる

《消化器系の女医との密会を母さんにバラしてやるぞ!!》 脅しに掛かる怒鳴り声に、保宅は目を据わらせ、優樹は「……女医と密会?」と顔をしかめた