スロット ミリオンゴッド 初心者

スロット ミリオンゴッド 初心者

 二人の男神から求婚を受けたけれど、フェアフューレメーアはどちらの求婚にも応じなかった

けれど、どちらも火の神の眷属だったせいだろうか、熱くなりすぎて引いてくれない

 周囲の神々も巻き込んで大騒ぎになった結果、フェアフューレメーアが失恋した時には二人の内の勝者と結婚することになってしまった

まずは勝者を決めておかなければならない、と二人の男神は様々な神々を巻き込んで戦いを始めた

 失恋をしたら、という条件を付けたので好きな相手ができるまで放置しておけば良いとのんびり構えていたフェアフューレメーアは、他の女神達から予想外に大きな戦いになったことを知らされる

あなたも好きかも:okモータース スロット あつ森
 戦いの場に急いで駆けつけたフェアフューレメーアは、神としての力を振るい、皆の熱を鎮めた

それ以来、火の眷属が争い始めたらフェアフューレメーアが呼ばれるようになった、というお話だった

 ……これってダンケルフェルガーの儀式の基になったお話じゃない? ダンケルフェルガーだけではなく、神様達にも呼ばれているなんてフェアフューレメーアはとても大変そうだ

争いが起こる度に呼ばれるフェアフューレメーアに同情しつつ、わたしは次のお話を読む

次は、ユーゲライゼの切ない恋物語だった

「終わりました

次の本をお願いします」 わたしは楽しく三冊目の本を読み終え、金色シュミルに次の本をお願いする

あなたも好きかも:浦和伊勢丹 バカラ
ドレッファングーアの目を盗んで運命の糸を盗み出して悪戯するリーベスクヒルフェと、あまりにも悪戯されることに腹を立てて報復するドレッファングーアのお話だった

リーベスクヒルフェの髪の毛を運命の糸に混ぜ込み、リーベスクヒルフェはそれに気付かず、自分と人間の男の縁を結んでしまうのだ

「次はどんなお話だろう? うふふん、ふふん……」 浮かれた気分で金色シュミルが戻ってくるのを待っていたら、「ローゼマイン」と脳へ直接呼びかけるようなフェルディナンドの声が聞こえてきた

機嫌が地の底を這っているような低い声で、浮かれた気分が一瞬で消し飛んだ

「うひゃっ!? な、何事ですか!?」 わたしは耳元を押さえながら周囲を見回したけれど、どこにもフェルディナンドの姿は見当たらない

周囲を本棚に囲まれた素敵空間が広がっているだけだ

「やっと聞こえたか……