鹿児島 パチンコ 南さつま市

鹿児島 パチンコ 南さつま市

下にパラパラと砂埃が落ちていっている

「ちょっと小さいな」パンタクローからそういわれたので穴にルートラムの鞘を突っ込んで、乱暴にかき回し砂埃を立てながら、さらに大きくしていく

「よさそうだ

じゃ、皆下がっていてくれ

 タジマはもう剣抜いてても、いいんだぜ」「あ、ああ……ギリギリでいい」黒い剣の方は、ちょっと危険なのであまり長い時間刀身を露出したくない

あなたも好きかも:パチンコ 全国 稼働率
腰の錆びた出刃包丁と、背中の黒剣のグリップを両手で握っていつでも抜けるように構える

穴から下を覗き込んだパンタクローは楽しそうに両手を下にかざして「さー

病原体のボスのお出ましだなっと」と小船から緑色の骨を念力で掴み、屋根の上まで上げてくる

穴を通って、屋根の上に出てきた太く大きな一本の骨は、恐らくドラゴンや巨人のものだということが一目でわかった

しかし、この緑色で微かに漂う異臭はどこかで……

と考えて居ると、モモカが「タジマ様!!早く!!」焦った様子で声をかけてきて、我に返り少し跳躍して勢いをつけ、骨へ向けて落下しながら背中と腰から抜いた剣と出刃包丁で、何千発もの剣撃を鋭く叩き込むみじん斬りを念力で宙に浮いている骨へと喰らわせて骨は瞬く間に粉々になって行く

粉々になった骨の粒が、港の風に吹かれてどこかへと飛んで行くのを見ながら出刃包丁と、黒剣を同時にチンッと音をさせて鞘に収めた

あなたも好きかも:くまモン バカラ
黒い剣の方は、先ほど入手したばかりなのに、妙に手に馴染んでいる

あなたも好きかも:パチンコ スマホ 無料
まるで何十年も前から使っていたように

「これでいいのか?」パンタクローが屋根の穴の脇から、下を眺めながら「ゾンビたちに変化は無いな

もしかして意味無かったのか……」と拍子抜けした顔で言ってくる

モモカは対照的にホッとした顔で「これで、最悪の危機は免れました」と屋根の上に座り込んだ

俺とパンタクローは顔を合わせて、首をかしげセイはめんどくさそうに空を見上げながら欠伸をした

倉庫の屋根から飛び降りるとミチカミがペタペタと近づいて来て「……ドコカ……トマレルトコ……サガセ……」と言ってくる