パチスロ ベルセルク 打ち方

パチスロ ベルセルク 打ち方

別にばらしても問題はないだろうと文は思ってしまうのだがそのあたりは大人として一歩身を引くべきだろうと考えたのだろう

「だがどうしてそれで私に相談を?告白されたのであれば答えはイエスかノーの二択だろうに

そんなに悩むことが?」「・・・はい・・・その・・・うまく言えないんですけど文のことを好きなのかどうかまだわからなくて

あなたも好きかも:広島 中区 パチンコ
嫌いじゃないのは確定なんですけど」「ふむ・・・なるほど

お前の持っている好意が恋愛感情としてのものか否か、それを迷っているということだな?」アリスに諭されたことで、康太は文を自分以外の誰かに渡したくないと思っているのは理解していた

あなたも好きかも:パチンコ ギガヒュドラ
だがこの感情が果たして恋愛感情なのかどうかわからなかったのだ

「難しいところだな・・・康太はまだ人を好きになったことがないのか?」「はい・・・なので本当にこれが恋愛感情として好きなのか・・・それともただ単に仲がいいから好きなのかっていうのがわからなくて・・・」康太の抱えている悩みはそれだけではないのだが、今康太は過去の死者への配慮を完全に捨てようと努力していた

まずは自分自身の気持ちがどうなのかを把握してからがスタートであろうと考えたのである

考えるべきはまず自分の気持ち

他のことはそのあとに悩めばいい

幸いに時間はある

あまり文を待たせすぎるのも問題だとは思うのだが、なるべく早く答えを出すためにも頼れる大人はなるべく頼ろうと考えていた